代表TIMELINE

代表TIMELINE

1915-1920-1925-1930-1935-1940-1945-1950-1955-1960-1965-1970-1975-1980-1985-1990-1995-2000-2005-2010-

2006FIFAワールドカップドイツアジア地区最終予選

[ 2005.06.08 ] バンコク

公式記録PDF


日本代表


朝鮮民主主義人民共和国代表

2

0

0 前半 0
2 後半 0
柳沢敦 67´
大黒将志 89´
GOAL

メンバー


日本代表 朝鮮民主主義人民共和国代表
GK23川口能活GK23KIM Myong Gil
2田中誠2RI Myong Sam
5宮本恒靖3RI Kwang Chon
6中田浩二5JANG Sok Chol
8小笠原満男8RI Han Jae
11鈴木隆行HT OUT10HONG Yong Jo
13柳沢敦85' OUT11JON Chol27' OUT
15福西崇史14HAN Song Chol
21加地亮15KIM Yong Junイエローカード
22中澤佑二20PAK Chol JinHT OUT
29稲本潤一イエローカード21CHOE Chol Man61' OUT
GK1楢﨑正剛GK1SIM Sung Chol
4遠藤保仁85' IN6PAK Nam Cholイエローカード61' IN
17三浦淳宏9KIM Yong Suイエローカードレッドカード27' IN
25茶野隆行13RI Hyok Chol
26坪井慶介18KIM Song CholHT IN
28玉田圭司22CHA Jong Hyok
31大黒将志HT IN25PAK Song Gwan
監督ジーコ(ブラジル) 監督PAK Jong Hun

2006FIFAワールドカップドイツアジア地区最終予選 結果

2005/02/09 さいたま・埼玉スタジアム2002
日本代表 2-1 朝鮮民主主義人民共和国代表
2005/03/25 テヘラン
イラン代表 2-1 日本代表
2005/03/30 さいたま・埼玉スタジアム2002
日本代表 1-0 バーレーン代表
2005/06/03 マナマ
バーレーン代表 0-1 日本代表
2005/06/08 バンコク
日本代表 2-0 朝鮮民主主義人民共和国代表
2005/08/17 横浜・横浜国際総合競技場
日本代表 2-1 イラン代表

試合レポート

日本代表、3大会連続でFIFAワールドカップ本大会出場決定!

 無観客の中、「2006FIFAワールドカップ ドイツ」本大会出場に王手をかけていた日本代表は、完勝で出場の切符を一番乗りでつかんだ。すべてのサポーターの願いが実を結び、3大会連続での出場が決定した歴史的な日となった。

 朝鮮民主主義人民共和国代表のホームゲームとなるこの試合は、同国・平壌で開催される予定だったが、朝鮮民主主義人民共和国代表のホームゲームで発生したトラブルにより、第三国での無観客試合という処分が下され、タイ・バンコクでの開催となった。また、審判団もFIFAの配慮でベルギーの審判員が担当。他の大陸の審判が予選の審判を担当するという異例の措置となった。試合当日、無観客試合にもかかわらず、日本代表のスタジアム到着に合わせて、多くのサポーターが日本コールで選手を出迎え、試合中もスタジアムの外から熱い声援を送り続け、日本の勝利を願った。

 日本はMF中田英、MF中村、MF三都主らがケガや累積警告で欠く中、ジーコ監督の「常に勝ちに行く」という言葉どおり、序盤から積極的な攻撃を見せた。しかし、日本代表はピッチのコンディションに苦戦。また攻撃の歯車も噛み合わず前半は無得点のまま終了した。ただ、30度を越える暑さを考えればオーバーペースは避けるべきであり、前半を0-0で折り返したのは、ある意味予定どおりだったかもしれない。

 後半に入り、日本代表は精彩を欠いていたFW鈴木に代えてFW大黒を投入した。そして、流れを変えた日本がついに均衡を破ったのである。73分、早いリスタートからMF稲本が大黒へパス。こぼれたボールをFW柳沢がシュートし、待望の先制点を挙げた。FW柳沢にとっては、昨年7月の、対スロバキア代表戦以来となる国際Aマッチでのゴールである。「ワールドカップ出場が決まる大事な試合で、点を決めることができてよかった」と、試合後の柳沢も笑顔を浮かべていた。さらに89分には、DF田中誠が相手DFの裏に飛び出したFW大黒へパス。GKと1対1になるも冷静にかわして2点目を奪い、試合を決定づけた。2月の北朝鮮戦でチームを救った25歳は、今回もまた決定的な仕事をしたのであった。

 日本代表は過酷なアウェイで連勝を飾り、98年フランス大会、2002年日本・韓国共同開催に続く、3大会連続のFIFAワールドカップ本大会出場を、開催国のドイツを除く、一番目の予選突破国として決めた。試合後、「今日の勝利によって、本大会へ駒を進めることができた。今まで支えてくれた方、 JFA、スタッフ、選手、すべての人たちがこの偉業を成し遂げるために、本当に協力してくれた。この勝利を日本で心待ちにしているすべてのサポーターの方々に捧げます」と、ジーコ監督は感謝の言葉を残した。

招集メンバー

川口能活KAWAGUCHI Yoshikatsu

  1. 1975.08.15 
  2. 180cm 77kg
  3. スウェーデン戦(1997.02.13) 第28回キングスカップ 
  4. 71(-63)
  5. ジュビロ磐田 

田中誠TANAKA Makoto

  1. 1975.08.08 
  2. 178cm 74kg
  3. ハンガリー戦(2004.04.25) 国際親善試合 
  4. 21(0)
  5. ジュビロ磐田 

宮本恒靖MIYAMOTO Tsuneyasu

  1. 1977.02.07 
  2. 176cm 72kg
  3. ボリビア戦(2000.06.18) キリンカップサッカー2000 
  4. 52(3)
  5. ガンバ大阪 

中田浩二NAKATA Koji

  1. 1979.07.09 
  2. 182cm 74kg
  3. メキシコ戦(2000.02.05) カールスバーグカップ 
  4. 48(2)
  5. マルセイユ(フランス) 

中澤佑二NAKAZAWA Yuji

  1. 1978.02.25 
  2. 187cm 78kg
  3. イラン戦(1999.09.08) キリンチャレンジ1999 
  4. 35(7)
  5. 横浜F・マリノス 

加地亮KAJI Akira

  1. 1980.01.31 
  2. 177cm 73kg
  3. チュニジア戦(2003.10.08) 国際親善試合 
  4. 28(0)
  5. FC東京 

福西崇史FUKUNISHI Takashi

  1. 1976.09.01 
  2. 181cm 77kg
  3. ペルー戦(1999.06.29) コパアメリカ '99 
  4. 47(6)
  5. ジュビロ磐田 

小笠原満男OGASAWARA Mitsuo

  1. 1979.04.05 
  2. 173cm 72kg
  3. ウクライナ戦(2002.03.21) キリンチャレンジカップ2002 
  4. 35(5)
  5. 鹿島アントラーズ 

稲本潤一INAMOTO Junichi

  1. 1979.09.18 
  2. 181cm 75kg
  3. メキシコ戦(2000.02.05) カールスバーグカップ 
  4. 55(4)
  5. ウエスト・ブロミッチ・アルビオン(イングランド) 

鈴木隆行SUZUKI Takayuki

  1. 1976.06.05 
  2. 182cm 75kg
  3. スペイン戦(2001.04.25) 国際親善試合 
  4. 51(11)
  5. 鹿島アントラーズ 

柳沢敦YANAGISAWA Atsushi

  1. 1977.05.27 
  2. 177cm 75kg
  3. オーストラリア戦(1998.02.15) 国際親善試合 
  4. 46(13)
  5. メッシーナ(イタリア) 

大黒将志OGURO Masashi

  1. 1980.05.04 
  2. 178cm 73kg
  3. カザフスタン戦(2005.01.29) キリンチャレンジカップ2005 
  4. 5(1)
  5. ガンバ大阪 

遠藤保仁ENDO Yasuhito

  1. 1980.01.28 
  2. 178cm 75kg
  3. アルゼンチン戦(2002.11.20) キリンチャレンジカップ2002 
  4. 32(3)
  5. ガンバ大阪 

楢﨑正剛NARAZAKI Seigo

  1. 1976.04.15 
  2. 187cm 80kg
  3. Jリーグ外国籍選抜戦(1997.08.28) JOMO CUP '97 
  4. 48(-50)
  5. 名古屋グランパスエイト 

三浦淳宏MIURA Atsuhiro

  1. 1974.07.24 
  2. 175cm 73kg
  3. Jリーグ外国籍選抜戦(1997.08.28) JOMO CUP '97 
  4. 25(1)
  5. ヴィッセル神戸 

茶野隆行CHANO Takayuki

  1. 1976.11.23 
  2. 177cm 74kg
  3. ハンガリー戦(2004.04.25) 国際親善試合 
  4. 4(0)
  5. ジュビロ磐田 

坪井慶介TSUBOI Keisuke

  1. 1979.09.16 
  2. 179cm 67kg
  3. パラグアイ戦(2003.06.11) キリンカップサッカー2003 
  4. 24(0)
  5. 浦和レッドダイヤモンズ 

玉田圭司TAMADA Keiji

  1. 1980.04.11 
  2. 173cm 67kg
  3. シンガポール戦(2004.03.31) FIFAワールドカップドイツアジア地区1次予選 
  4. 26(7)
  5. 柏レイソル 

土肥洋一DOI Yoichi 

  1. 1973.07.25 
  2. 184cm 84kg
  3. マレーシア戦(2004.02.07) キリンチャレンジカップ2004 
  4. 2((-0))
  5. FC東京 

三都主アレサンドロSANTOS Alessandro

  1. 1977.07.20 
  2. 178cm 69kg
  3. ウクライナ戦(2002.03.21) キリンチャレンジカップ2002 
  4. 53(5)
  5. 浦和レッドダイヤモンズ 

本山雅志MOTOYAMA Masashi

  1. 1979.06.20 
  2. 175cm 66kg
  3. ボリビア戦(2000.06.18) キリンカップサッカー2000 
  4. 22(0)
  5. 鹿島アントラーズ 

中田英寿NAKATA Hidetoshi

  1. 1977.01.22 
  2. 175cm 72kg
  3. 韓国戦(1997.05.21) 2002年FIFAワールドカップ共同開催記念試合 
  4. 64(10)
  5. フィオレンティーナ(イタリア) 

中村俊輔NAKAMURA Shunsuke

  1. 1978.06.24 
  2. 178cm 70kg
  3. 香港リーグ選抜戦(2000.02.08) カールスバーグカップ 
  4. 50(12)
  5. レッジーナ(イタリア) 
  1. 生年月日
  2. 身長 体重
  3. 日本代表デビュー
  1. インターナショナルAマッチ(FIFA公認国際試合)出場数(同得点数)
  2. 所属クラブ

※ インターナショナルAマッチ出場数、得点数は2009年


PAGE TOP